血虚(けっきょ)って何だろう

Pocket

女性の悩みの多くは「血虚(けっきょ)」と呼ばれる体質が関係していますが、血虚とはいったい何のことだろうか、貧血と同じことなのであろうか、血虚になるとどんな症状が起こるのか、どうしたら改善できるのか、そんな疑問を解決。

血虚のことを理解して、その対策を考えていきましょう。

まずは、血虚体質のチェックをしてみよう

血虚体質チェックリスト

血虚と呼ばれる体質は、様々な症状を引き起こします。あなたはいくつ当てはまりますか。

□ 顔色が悪い □ 四肢のしびれ感
□ 皮ふにツヤがない □ 筋肉がぴくぴくする
□ 唇があれる □ 筋のけいれん(こむら返り)
□ 爪がもろい □ 冷え症
□ 目がかすむ □ 眠りが浅い
□ 目が乾く □ 抜け毛が多い
□ 目がくらむ □ めまい、立ちくらみ
□ 頭がぼーとする □ 疲れやすい
□ ふらつく □ 気力低下
□ 動悸 □ 不安感がある
□ むくみ □ イライラ

4つ以上当てはまれば「血虚体質」である可能性があります。

女性特有の悩みも血虚体質が原因

女性特有の症状である月経の状態は、「血」の働きが大きく関係しているため漢方診断では月経の状態をとても重要視しています。

□月経周期の遅れ □経血量の減少 □無月経 □不正性出血

さらに

□内膜症 □筋腫 □嚢腫 □更年期障害 □不妊症

でお悩みな場合は、

「血虚体質」が関係しているかもしれません。

 女性の諸症状を改善する漢方薬
イスクラ婦宝当帰膠B イスクラ婦宝当帰膠B
女性は、女性特有の体質、機能から、貧血、冷え症、生理痛、生理不順、肩こり、のぼせ、めまい、更年期障害などの諸症状がおこりがちです。お悩み改善に漢方薬を服用してみませんか。
イスクラ婦宝当帰膠B 商品紹介
イスクラ婦宝当帰膠B Q&A

血虚と貧血は同じことなのか

「血虚」とは何か

中医哲学では、人の体を構成している物質的要素を「気・血・水・精」に分けて考えています。(気・血・水・精について)

その中の「血」の働きが
・低下した状態
・不足した状態
のことを「血虚」と呼んでいます。

血の役割は

・体全体を潤し養う
血は栄養を豊富に含み、経絡(気血水の通り道)を使って全身を巡り必要とされる栄養を与え、潤しています。このことを血の”需要作用”といいます。

・精神活動のエネルギー源
血は、思考力・判断力・感情などの精神活動のエネルギー源にもなっています。その為、血の働きが不足すると精神的に不安定となり、感情をうまくコントロールすることができなくなることもあります。

・血が不足すると精も不足する
血の一部は「精」に変化するため、血の不足は「精」の不足も生じさせます。「精」は生殖器系の働きを担っている重要な物質です。不足すると生殖器系障害が起こりやすくなります。

・津液(水)とのバランスが大切
血と津液は互いに変化しあう関係です。

POINT!
「血」が体内を循環したり、精に変化するためには「気」の働きによるものです。「血」が不足するということは「気」も不足しているということになります。

血虚=貧血ではありません

中医学では、検査値や診断で貧血と言われていなくても、自覚症状や舌の色などによってあてはまる体質・症状があれば「血虚」と考えます。

貧血について詳しく解説

貧血の症状の多くが血虚にみられる症状であるため混同しがちなのですが、貧血であることは血虚でありますが、血虚体質であることが貧血ではあるとはかぎりません。

血虚を改善する方法は

血虚を改善する漢方薬「補血剤(ほけつざい)」

血虚を改善する漢方薬を補血剤と分類しています。

当帰

補血剤の代表生薬が「養血薬(ようけつやく)・補血薬」に分類される「当帰(とうき)」と呼ばれるセリ科の植物の根を乾燥させたもの、その他、熟地黄、何首烏、白芍薬、阿膠、桑椹、竜眼肉が同類生薬です。

補血剤は、これらの生薬を組み合わせて作られたもので、
基本処方は
四物湯(しもつとう):当帰・白芍薬・センキュウ・熟地黄
になります。

血虚体質を改善するためには、この四物湯を基本方剤として血虚になってしまった原因となる体質も一緒に改善することを目標とします。

血虚になる原因は

血虚は、あくまでも症状を引き起こしている原因でありますので、血虚になった原因を改善しないことには根本的改善になりません。

血虚は、前述したように
①血の働きが低下
②血が不足している
この2つが主な原因になります。

①血の働きが低下する原因は
血は、気の働きによって活躍しているものなので、気の働きの不足・停滞によって循環が悪くなり、血のもつ需要作用が低下してしまいます。この気の不足を「気虚(ききょ)」、気の滞りを「気滞(きたい)」と呼びます。

気虚になる原因は、過労、老化、栄養不良、慢性疾患、薬剤など様々なことが原因として発生します。

気滞の原因の多くは、ストレス、過労、慢性疾患、暴飲暴食、運動不足などで発生。

血の働きの低下は「気虚」「気滞」が主な原因です。

②血が不足してしまう原因は
血は、気と津液が結合して作られるほか、腎精と呼ばれる生命の源となるエネルギーが変化して作られています。

気と津液・腎精は、飲食と呼吸によって作られますので、ダイエットなどの栄養不足や消化器障害、腎機能低下が原因となり、血の材料を吸収・生成できていないと血は作られません。

五臓の関係からすると、「脾」「肺」「腎」の働きが低下することで血を作る働きが低下して血虚を引き起こしてしまいます。

また、出血は直接的に血の不足を引き起こしていますので、月経期は血虚の状態であると言えるのです。その為、もともと血虚体質の人は、経血を引き起こしてしまうと血虚がひどくなるために、体は月経を止めてあるいは出血量を抑えることで身体を守ろうとするのです。さらに、妊娠中や授乳中は血を多く消耗しますので、血虚体質が不妊の原因となると考えているのです。

血虚を改善する漢方薬

血虚を改善するためには、その原因を把握して改善する必要があります。

2つの主な原因を改善するためには、
①血の巡りを良くする
②血の生成を整える
ことが必要となります。

①血の巡りを良くする
気の不足が血の巡りを悪くしている場合、気を補うことで血の働きを良くします。
その代表処方は、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう):四物湯をベースに補気薬である人参、黄耆を加えた処方で桂皮も含まれているため冷え性にも有効です。

血の巡りは気の不足以外にも、気の停滞であるストレスが原因することもあります。この場合は、気滞を改善する加味逍遙散に四物湯を加えた、加味逍遥散合四物湯(かみしょうようさんごうしもつとう)が有効です。

気滞は、血の滞りの瘀血(おけつ)を発生させてしまいます。瘀血になると、肩こり、頭痛、倦怠感、イライラ、のぼせ、経血に塊が混じるなどの症状があらわれます。この場合には、瘀血を改善する桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)冠元顆粒(かんげんかりゅう)を中心に補血剤といっしょに服用します。

②血の生成を整える
血の生成には五臓の「脾」「肺」「腎」が関係しています。

「脾」の働きの低下を「脾胃気虚(ひいききょ)」と呼び、改善するための処方は補気健脾作用のある六君子湯(りっくんしとう)をベースに他の症状に合わせて調合します。
(関連処方:香砂六君子湯・柴芍六君子湯・参苓白朮散・平胃散・加味平胃散・啓脾湯)

気虚全般に使われる代表処方としては、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)があげられます。疲れやすい、風邪ひきやすい、大病が続いている、食欲不振、胃下垂、子宮脱、直腸脱、出血傾向など「気」の働きが低下している状態を改善してくれる代表的漢方薬です。

「腎」が関連して血の生成が悪くなっている状態には補腎剤である、六味地黄丸(ろくみじおうがん)をベースに補血薬・散寒薬・動物生薬を加えるなどして体質に合わせて調合します。
(関連処方:八味地黄丸、都気丸、杞菊地黄丸、参馬補腎丸、参茸補血丸)

POINT!
血虚を改善するための漢方薬は、原因も含めて改善することで根本的な改善が期待できます。血を補うことはもちろん体質改善をしっかり行いましょう。

 

 女性の諸症状を改善する漢方薬
イスクラ婦宝当帰膠B イスクラ婦宝当帰膠B
女性は、女性特有の体質、機能から、貧血、冷え症、生理痛、生理不順、肩こり、のぼせ、めまい、更年期障害などの諸症状がおこりがちです。お悩み改善に漢方薬を服用してみませんか。
イスクラ婦宝当帰膠B 商品紹介
イスクラ婦宝当帰膠B Q&A

 

 

Pocket