自律神経失調症とは

Pocket

自律神経失調症について

 

自律神経失調症とは・・・

漢方治療が一番適していると思われる疾患は「自律神経失調症」であると考えています。

自律神経失調症とは……何か!!
これは器質的な異常(病名が付けられる原因)が認められないが、不定愁訴と呼ばれる自律神経関連の症状を訴えるものと定義されています

器質的異常を伴わないため、症状が多岐・多彩で、一部の症状を改善しても他の症状がよくならないといった具合で、何から治したらよいのかがはっきりしない状態になり、悪循環を繰り返す場合があります。

頭が重い、なんとなくだるい、気力が出ない、神経質になっている、耳鳴りがする、おなかがピクピクしている、おなかがゴロゴロ、肩が張っている、息が苦しい、動悸がする、しびれ、こわばり、イライラ、不安、寝つきが悪いなど検査したけれども異常がない。

ハッキリとした原因がわからないため、西洋医学では症状を軽減させる対症療法が主流となります。

自律神経失調症の症状

ホメオスタシス

自律神経失調症が起こる最大の原因は、身体の適応能力に問題が生じていることです。

私たちは生きている限り、様々なストレスの中で生活をしています。例えば、夏の暑さ・冬の寒さ・筋肉への負担・精神的苦痛・病気・痛み・かゆみ・快楽・など

私たちは、ストレスとなりうる内的・外的環境の変化に対して、からだの生理的状態を安定した(恒常的)状態に保とうとする仕組み(生理反応)が備わっています。

例えば、暑い時には汗をかいて、その汗が蒸発する際の気化熱により体表面の温度を下げ、寒い時には筋肉をはげしく収縮することを繰り返し熱を産生し体温を維持しています。

これらの働きは、哺乳類では自律神経・ホルモン・免疫の3つの相互バランスによって維持されていて、特に自律神経が重要な役割を担っています。

つまり、自律神経失調症と言う病態は、内部・外部の様々なストレスに対応する自律神経の働きが弱くなり、恒常性・バランスを保つ働きが乱れている状態であると言えるのです

医療機関で様々な検査をしても異常がなく問題なし、異常なしと言われても体調的不快な症状がある場合には、自律神経失調の状態であると考えられます。

自律神経のバランスが乱れる原因

前述したように、私たちはホメオスタシス(恒常性の維持)が正常に働いていることが健康である状態と考えます。

そのホメオスタシスに乱れが生じた状態が病的状態であり

乱れを引き起こす原因は、過度なストレス・ストレスの蓄積です。

ストレスを自覚すると、体は恒常性を維持するために、ストレスの度合いに見合った生理反応や感情変化を引き起こします。それによって受けたストレスをプラスマイナスゼロにしようとします。

しかし過剰なストレスや処理しきれない蓄積したストレスは、身体が正常に処理することができなくなる場合があります。

また、生活習慣に乱れが生じている場合や環境の変化によって急激な変化のストレスにはうまく適応できない場合があります。

ストレスの蓄積によって乱れた自律神経は、休息が一番の治療です。

しかし、ストレスが蓄積している、身体を無理している自覚がないと、慢性化した状態となり、さらに新しい症状を生む悪循環を作ることとなります。

五臓・気血水の乱れを整える

漢方薬での自律神経失調症の治療は、五臓・気血水のバランスを整えることを目標とします。

中医学では、これまで数千年の歴史の中で、五臓・気血水のそれぞれの乱れが、身体にどのような症状を引き起こすのかが解っています。

その為にも、漢方相談ではカウンセリングがとても重要であり、ひとつひとつの症状の結びつき・流れをつかむことで、治療のために必要なことが解ってくるのです。

五臓の乱れを簡単チェック

自律神経失調症の改善に漢方薬

漢方薬が自律神経失調症に有効であるのは、漢方治療(中医学)の考え方が数値や症状の改善だけを目的としているのではなく、症状を起こしてしまった体質(五臓・気血水)に問題があると考えているからです

様々な検査をしても異常がないけれど病状が続いている場合、その一つ一つの病状を抑え込むために西洋薬を漠然と使用しづつけることは必ずしも好ましくありません。

漢方薬で体質改善をすることで長い間のお悩みの改善に役立つことでしょう。それは、多くの方が漢方治療を選択し、病状の安定、健康状態の増進がみられるからです。

お悩みの方は、自分の体をしっかり向き合うためにも、漢方相談(カウンセリング)にお越しください。必ず解決策が見つかります。

自律神経のお悩み改善

逆流性食道炎を漢方で改善したい

疲労倦怠と意欲の低下を改善したい

産後の体調不良・不眠・耳鳴り

朝起きれない・不登校のお悩み解決

原因不明の不整脈は漢方で対策

自律神経失調症に伴う高血圧

のどに異物感を感じる

 

Pocket