自律神経失調症とは

Pocket

自律神経失調症について

 

自律神経失調症とは・・・

漢方治療が一番適していると思われる疾患は「自律神経失調症」であると感じます。

自律神経失調症とは……何か!!
これは器質的な異常(病名が付けられる原因)が認められないが、不定愁訴と呼ばれる自律神経関連の症状を訴えるものと定義され

器質的異常を伴わないため、 症状が多岐・多彩で、 一部の症状を改善しても他の症状がよくならない といった具合で何から治したらよいのかがはっきりしない状態です。

ホメオスタシス

人間の体には ホメオスタシス(恒常性の維持)という働きがあるため健康を維持することが出来ています。

これは、あらゆるストレスとなりうる内的・外的環境の変化に対して、からだの生理的状態を安定した(恒常的)状態に保とうとする仕組みです。

例えば、暑い時には汗をかいて、その汗が蒸発する際の気化熱により体表面の温度を下げ、寒い時には筋肉をはげしく収縮することを繰り返し熱を産生し体温を維持しています。

これらの働きは、哺乳類では自律神経・ホルモン・免疫の3つの相互バランスによって維持されていて、特に自律神経が重要な役割を担っています。

つまり、自律神経失調症と言う病態は、内部・外部の様々なストレスに対応する自律神経の働きが弱くなり、恒常性・バランスを保つ働きが乱れている状態であると言えるのです。

医療機関で様々な検査をしても異常がなく問題なし、異常なしと言われても体調的不快な症状がある場合には、自律神経失調の状態であると考えられます。

自律神経失調症の改善に漢方薬

漢方薬が自律神経失調症に有効であるのは、漢方治療(中医学)の考え方が数値や症状の改善だけを目的としているのではなく、症状を起こしてしまった体質に問題があると考えているからです

様々な検査をしても異常がないけれど病状が続いている場合、その一つ一つの病状を抑え込むために西洋薬を漠然と使用しづつけることは必ずしも好ましくありません。

漢方薬で体質改善をすることで長い間のお悩みの改善に役立つことでしょう。それは、多くの方が漢方治療を選択し、病状の安定、健康状態の増進がみられるからです。

お悩みの方は是非ご相談ください。

Pocket