中医学」タグアーカイブ

陰陽消長:中医学(漢方・東洋医学)の特徴②

中医学の基礎となる古代の中国自然哲学にある「陰陽論」。 陰と陽は相対する存在でありながら、互いに依存しあう関係でもあり、絶えず変化して、静止することがありません。 この陰と陽が、様々な変化の中でバランスを保ち平衡状態を保 … 続きを読む

瘀血(おけつ)度チェック

瘀血(おけつ)とは、中医学の概念の一つで二次的な病気の原因であり、血が脈内に停滞して巡りが悪くなったり滞ったりした状態のことを言います。 「瘀血」は、血瘀・血滞などとも呼ばれています。 「瘀血」は万病のもと、瘀血度をチェ … 続きを読む

五臓の乱れを簡単チェック

漢方中医学では、体の内臓全体を「臓腑(ぞうふ)」と呼んでいます。 人の体は五臓六腑(ごぞうろっぷ)からできていて、それぞれ ・五臓:肝・心・脾・肺・腎・(心包絡) ・六腑:胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦 のことで、五臓の … 続きを読む

血虚(けっきょ)って何だろう

女性の悩みの多くは「血虚(けっきょ)」と呼ばれる体質が関係していますが、血虚とはいったい何のことだろうか、貧血と同じことなのであろうか、血虚になるとどんな症状が起こるのか、どうしたら改善できるのか、そんな疑問を解決。 血 … 続きを読む

薬膳について(基本と歴史)

薬膳の基本と中医学について 健康の基本といえば、快眠・快食・快便と言われます。その中でも、少なくとも1日1回、通常3回取り入れている食事。病気の多くは生活習慣に原因があり、食事は重要な要素の一つでもあります。 漢方相談の … 続きを読む