漢方の基礎」タグアーカイブ

随証治療:中医学(漢方・東洋医学)の特徴①

相談員

西洋医学と東洋医学は、陰と陽、昼と夜という対立する関係であるとする考え方もありますが、中医学で有名な陰陽論において、「陰陽互根」という考え方があります。これは陰と陽は互いに扶助し依存しあっている不可分の関係であるといって … 続きを読む

漢方薬が多剤服用の悩みを解決する

漢方・中医学の考えである東洋医学と西洋医学は対立する関係ではなく、病の改善に向かい協調する関係でなくてはならない。 ここ数年、医療機関において保健漢方エキス製剤の処方が増え、東洋医学と西洋医学の融合された医療の考え方が一 … 続きを読む

舌を見ると体の変化がわかる

あなたの舌で体質チェックしてみよう 体質に合った漢方薬を服用していただくためには、四診(ししん)と呼ばれる、漢方独自の診察方法があります。四診は、望診・聞診・問診・切診で、舌を見るのは「望診」の中に含まれ「舌診」とも呼ん … 続きを読む

五臓の乱れを簡単チェック

漢方中医学では、体の内臓全体を「臓腑(ぞうふ)」と呼んでいます。 人の体は五臓六腑(ごぞうろっぷ)からできていて、それぞれ ・五臓:肝・心・脾・肺・腎・(心包絡) ・六腑:胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦 のことで、五臓の … 続きを読む

血虚(けっきょ)って何だろう

女性の悩みの多くは「血虚(けっきょ)」と呼ばれる体質が関係していますが、血虚とはいったい何のことだろうか、貧血と同じことなのであろうか、血虚になるとどんな症状が起こるのか、どうしたら改善できるのか、そんな疑問を解決。 血 … 続きを読む

薬膳について(基本と歴史)

薬膳の基本と中医学について 健康の基本といえば、快眠・快食・快便と言われます。その中でも、少なくとも1日1回、通常3回取り入れている食事。病気の多くは生活習慣に原因があり、食事は重要な要素の一つでもあります。 漢方相談の … 続きを読む

気血水(津液)精について知る

中医学の基礎(気・血・津液・精) 「気」「血」「水(津液)」「精」の4つの要素は、人が生きていくために必要な基本的な物質です。「気」は目には見えないエネルギーであり『陽』に属し、ほかの3要素は全身に栄養や潤いを与えてくれ … 続きを読む

陰陽五行説とは何か(陰陽論)

陰陽五行説を知ろう(陰陽論) 陰陽五行説は、中医学の基礎となる古代の中国自然哲学です。これは、陰陽論と五行説の2つから成り立ち、漢方診断・治療方針・養生において大変重要です。 陰陽論とは 陰陽論は、世の中に存在するすべて … 続きを読む