漢方薬でアトピー性皮膚炎を改善する方法

Pocket

アトピー性皮膚炎を改善する漢方治療

 

はじめに

アトピー性皮膚炎だけでなく、ニキビをはじめ脂漏性湿疹、尋常性乾癬、、掌蹠膿庖症、自家感作性皮膚炎、汗疱、蕁麻疹、薬剤性紅皮症など様々な皮膚疾患の遷延化した症状をかかえることは、学園生活・日常生活・社会生活に多くの支障をきたし生活の質(QOL)を低下させ、時には不眠症・うつ症など他の症状を引き起こす原因となる疾患でもあります。

漢方薬での皮膚病の治療はどのようなものなのか、どんな特徴があるのかをご紹介していきます。

定義

アトピー性皮膚炎のことを中国では”異位性皮膚炎”と呼ばれ、湿疹の範疇に含ませたり、”瘡瘍(そうよう)”と称したりと、文献によってその表現は異なっていることがありますが、その治療は、他の疾患同様、病名によって治療方法を変えるのではなく、皮膚の状態と体質との総合的な判断が大切であるとの考え方はどの文献も同じです。

西洋医学での定義
 アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。アトピー素因とは、①家族歴・既往歴(気管支喘息,アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)
があること、または② IgE 抗体を産生しやすい素因をさす。
(日本皮膚科学会ガイドライン:アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版)

漢方相談

皮膚病の相談では、皮膚の状態を観察しこれまでの経過や治療歴、増悪・寛解のきっかけなど症状について詳しくお伺いします。

また、皮膚症状の起る前の体質と症状を発症してからの体質を詳しくお伺いし、どのような体質変化・生活習慣の変化・環境変化が影響を及ぼしているのかを観察します。

乳児のころからアトピーと診断されてもあきらめないでください。原因となる生まれつきの体質を改善することで皮膚は良くなります。

体質って何?

大辞林 第三版(コトバンク)の解説
たいしつ【体質】
① 生まれながらにもっている体の性質。また、性向。 「虚弱な-」 「何物にも妥協しない-」
② 組織などにしみ込んでいるある種の性質。 「保守的な-」 「党の-」

中医学における体質というのは、その方の五臓六腑・気血水の状態を指しているもので、胃腸が弱いという場合は「脾虚体質(ひきょたいしつ)」、風邪ひきやすい体質であるという方は「気虚体質(ききょたいしつ)」などと呼んでいます。

アトピー・皮膚病の原因

皮膚病に限ったことではありませんが、中医学では病気の原因を体の内側(内因)と外部環境(外因)とに分けて考えています。

皮ふにある病変があらわれた場合、皮膚科に受診し処方していただける薬は、外用薬が中心の治療(皮膚の外側からの治療)となります。

もしその皮膚症状が、アレルギー物質、病原体、虫刺されや擦り傷、火傷、漆かぶれなど外部からの刺激だけによってあらわれている場合には、外用薬で改善できます。

しかし、外用薬で改善できない場合には、外部からの刺激だけで皮膚症状があらわれているのではないと考えてください。

中医学での内因とは、主に体質的な要因(体質の弱点が原因)です。外因というのは気候変動やアレルギー物質など前述した皮膚に対しての直接的な外部からの刺激のことを指しています。

つまり、外用薬で一時的に見た目が良くなっても繰り返し発症してしまうのは、その原因の多くは内因にあると考えるのが自然です。

漢方の治療方法

「内に病あれば、必ず外にあらわれる」

と中医学では考えているため、外的刺激がきっかけであっても慢性的に繰り返される状態は体質(内因)を改善する必要があると考えています。

漢方治療は体質を見極め、体質を整えていく漢方薬を服用していただくのですが、

(漢方治療のPOINT!!)
皮膚病の多くは、体質だけが原因でなく六淫(りくいん)と呼ばれる「病邪」が身体の内に入り込むことや体内で発生することで、皮膚に病変を引き起こしていると考えています。

その為、治療は体質を整えることと、病邪を取り除くことを同時に行うことが大切です。

六淫の症状の特徴

皮ふにあらわれている症状は、人によって違いがあります。それは、体質が違うことと原因となる六淫が異なっているためです。

六淫は、風邪・熱邪・寒邪・燥邪・湿邪・暑邪の6種類で、皮膚病ではそれぞれの病邪が組み合わさって発生することが多いのが特徴です。

ご自分の症状がどのタイプに当てはまるかチェックしてみましょう。

風熱(風邪と熱邪の混合)タイプ

□病状の変化が激しい
□症状が移動する
□赤みが強い
□患部にほてり(熱)がある
□かゆみが強い
□乾燥肌
□ジクジクしていない(浸出液がない)
□上半身に集中している

湿熱(湿邪と熱邪の混合)タイプ

□ジクジクしている(浸出液がある)
□水疱が見られる
□腫れている
□化膿しやすい
□痛痒い
□皮膚の奥にかゆみがある
□下半身や関節部に発症
□患部の治りが悪い

熱燥(熱邪と燥邪の混合)タイプ

□乾燥肌でカサカサしている
□赤みがないか少ない
□皮膚がボロボロはがれる
□常に搔いてしまう
□搔いている部分が赤くブツブツになる

燥邪タイプ

□敏感肌である
□乾燥肌
□皮ふ表面がかゆい
□ストレスで悪化
□冬場に悪化

これら以外にも、風・熱・湿が混合しているタイプがあり、風熱タイプから湿熱タイプに変化する、季節によってタイプが異なるなど皮膚症状が一定しないこともあります。

その為、治療は変化を見ながら病邪(六淫)のタイプに合わせて漢方薬を選択する必要があります。

よく使用される漢方処方

黄連解毒湯、四物湯、温清飲、柴胡清肝湯、荊芥連翹湯、十味敗毒湯、五物解毒湯、竜胆瀉肝湯、茵蔯蒿湯、衛益顆粒、補中益気湯

体質(五臓六腑)をチェックしてみよう

中医学では、身体の不調や乱れは五臓六腑にあらわれ、あらわれている症状からどの五臓六腑に乱れが出ているのかを判断することをします。このことを臓腑弁証と呼びます。

五臓の乱れで現れやすい症状を一覧にいたしましたので、当てはまる数の多いところが今問題のある臓腑であると考えることができます。

肝(胆)のトラブル

□ イライラや不安感がある
□ 眠りが浅く、嫌な夢を見る
□ わき腹や胸が張って苦しい
□ 便秘と下痢を繰り返す
□ 目が疲れやすい、視力低下
□ 筋がこわばったり、ひきつれたりする
□ 爪が割れやすい、凸凹している
□ 月経不順、月経前にイライラする
□ 顔色が青い
□ 舌の両側の縁に赤みがある

心(小腸)のトラブル

□ 動悸や息切れがする
□ 寝つきが悪く、途中で目が覚める
□ 不安感がある
□ 物忘れしやすい
□ 胸や心臓部が重い、痛む
□ 左の肩や肩甲骨のあたりがこる
□ 少しの運動で汗をかく
□ 手足や顔がむくむ
□ 顔が赤い、ほてる
□ 舌の先端が赤い、または痛みがある

脾(胃)のトラブル

□ 食欲がない
□ 胃が痛い、または胃がむかつく
□ 下痢をしやすい
□ 口の中が荒れ、味がわかりにくい
□ 手足がだるく、筋力が弱い
□ 体がやせる、太っていて水太り
□ アザができやすい
□ 月経が止まりにくい
□ 顔や皮膚の色が黄色っぽい
□ よだれが多い
□ 舌の周囲に歯型がつく

肺(大腸)のトラブル

□ 咳や痰がでやすい
□ 呼吸が苦しい
□ 息が詰まったり、鼻水がよくでる
□ のどが腫れて痛みやすい
□ 風邪をひきやすい
□ 皮膚が弱い
□ 便秘になりやすい
□ アレルギー性の鼻炎や皮膚炎がある
□ 顔が白っぽい、色白である
□ 口で呼吸していることが多い

腎(膀胱)のトラブル

□ 足腰がだるく、腰痛を起こす
□ 精力が減退している
□ 骨がもろい(骨粗鬆症である)
□ 排尿障害を感じる(頻尿・残尿感・夜間尿など)
□ むくみやすい
□ 寒がりである(腰回りが冷える)
□ 手足がほてる、午後に微熱が出る
□ 耳鳴りや難聴がある
□ 顔が黒ずんでいる、目の下にクマ
□ 舌が赤く、苔が少ない

総合治療

漢方治療は、病邪を取り除く症状軽減と体質を整える体質改善を同時に行うことで繰り返さない体づくりをお手伝いいたします。

皮膚病改善症例

全身の皮膚炎、かゆみで眠れない

「脂漏性皮膚炎」漢方で改善

掌蹠膿疱症を徐々に改善

手袋とサヨナラ「掌蹠膿疱症」を漢方薬で改善

 

お客様の感想・ご意見

  • 20数年来悩んでいた皮膚病が、たった3か月で改善、今までの治療は何だったのか
  • 皮膚症状が軽減され、いけなかった学校にも元気に登校できるようになった
  • お釣りを渡すときに手を見せるのがつらくいつも手袋をしていたが必要なくなった
  • 痛くて歩くのがつらかったけれども、毎日散歩できるようになった
  • 風邪をひきにくくなった
  • 花粉症も一緒によくなった
  • 夜ぐっすり眠れるようになった

など症状がなくなることで日常生活が良い方向に変化するのを皆さん実感しています。

皮膚病の漢方治療は、病邪を見極め体質改善することでよくなります。皮膚がきれいになっていく喜びを一緒に体験しましょう。

ご相談お待ちしております。

相談予約042-638-8860
当店での漢方相談は、おひとりお一人ゆっくり時間(30~60分)を取らせていただいておりますので、ご来店相談の前にお電話いただけると幸いです。

Pocket